あなたの「?」を「!」に変えるパーソナルトレーナー税理士です!

やまばた税理士事務所

 06-7506-5354

※営業電話はご遠慮願います

営業時間:9:00〜18:00
    日:土・日・祝  

バックナンバー

新設法人や開業初年度の個人事業者の所得拡大促進税制
所得拡大促進税制の平成29年度改正内容を確認〜控除税額が増えています〜
中小企業経営強化税制のQ&Aが公表されました〜気になるQ&Aをピックアップ〜
起業・開業の手引書⑥〜創業時・開業時の資金調達〜
役員給与の手取り額が同額でも定期同額給与になります
起業・開業の手引書⑤〜開業したら開設する銀行口座の選び方〜
帳簿をキッチリ記載しないと、あとで消費税が大変なことになるかも?
起業・開業の手引書④〜開業や会社を作ったら必要な届出書〜
中小企業経営強化税制の適用を受けるにはどうするの?〜適用までのフローまとめ〜
起業・開業の手引書③〜定款に記載する項目はどうやって決めるの?〜
起業・開業の手引書②〜会社を設立するなら株式会社か合同会社か?〜
起業・開業の手引書①〜起業するなら個人事業者か法人か?〜
会社を設立したら資本金をいくらにしたらいいのでしょうか?
これってどうなの?創業融資に関するQ&A
その外注費、本当に外注費ですか?〜外注費と給与のせめぎ合い〜
配当所得は所得税では総合課税で、住民税では申告不要にすれば有利になるケースとは?
もうすぐ3月15日です!確定申告期限に間に合わない場合の対処法
不動産所得が事業的規模の場合のメリット
確定申告で注意しておきたい所得税関係の誤りやすい事例
ホームページ制作費用の税務上のポイント〜内容によって取扱いが変わります〜
不動産所得者が65万円の青色申告特別控除を受けるための要件とは?
お店のリニューアルをするなら商業・サービス業・農林水産業活性化税制を使ってみませんか?
少人数私募債の利子の課税方式が平成28年分確定申告から変わります
中小企業経営強化税制が平成29年度税制改正で創設されます
創業融資を受けるなら押さえておきたい融資の3つのポイント
中小企業経営強化法による固定資産税の減免が平成29年度税制改正で対象資産が拡充されました
中小企業経営力強化資金は日本政策金融公庫のもう一つの創業融資
事業者向け電気通信利用役務の提供を受けた場合の内外判定基準が平成29年から変わります
創業融資の基礎知識〜申し込みから融資実行までのながれ〜
介護保険サービスで医療費控除の対象となるもの・ならないもの
創業融資の基礎知識〜創業時に借り入れするならこの2択〜
ご存知ですか?マイホームを売却したときの税金のこと
確認しておきましょう!所得税の確定申告書・申請書・届出書へのマイナンバーの記載
もうすぐ確定申告です!平成28年分確定申告の主な改正事項を確認しておきましょう〜金融・証券税制〜
もうすぐ確定申告です!平成28年分確定申告の主な改正事項を確認しておきましょう〜土地・住宅税制〜
保険金や損害賠償金をもらった場合、税金はかかるのか?かからないのか?
中小企業退職金共済に加入して節税
平成29年からクレジットカードでの納税が国税でもできます!そのポイントをまとめました
平成29年度税制改正大綱のかんたんまとめ〜資産課税関係〜
平成29年度税制改正大綱のかんたんまとめ〜中小法人関係〜
平成29年度税制改正大綱のかんたんまとめ〜個人所得課税〜
中小企業経営強化法に基づく経営力向上計画の簡単まとめ
中古の賃貸用不動産を取得したら引き継いだ預り保証金を購入対価に乗せましょう
借上社宅を利用して節税
土地と建物を一括購入した場合の取得価額の分け方
年末調整で確認しておきたいポイント(その3)
年末調整で確認しておきたいポイント(その2)
年末調整で確認しておきたいポイント(その1)
ひと工夫で印紙税の節税ができます
福利厚生制度を利用して節税

続きを見る

投稿日:2017年1月27日 更新日:

Copyright© やまばた税理士事務所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.