「 節税対策 」 一覧

中退共

中小企業退職金共済に加入して節税

2017/01/11   -節税対策
 ,

退職金は原則として、従業員の退職により退職金を支払って初めて経費になります。 ところが中小企業退職共済制度(いわゆる中退共制度)に加入すれば、退職前でも掛金の納付時に経費にすることができますし、将来一 ...

社宅

借上社宅を利用して節税

2016/12/20   -節税対策
 ,

賃貸用不動産を会社が借りて役員や従業員に貸し付ける、いわゆる借上社宅を利用すれば、社宅家賃を会社の経費にすることができます。 この取扱いは従業員と役員では、最低限徴収すべき家賃の計算が違いますので、そ ...

領収書

ひと工夫で印紙税の節税ができます

2016/12/02   -節税対策
 

契約書や領収書に貼る印紙ですが、同じ内容であってもひと工夫することで印紙税を節約すことができます。   消費税の記載方法を工夫する 印紙税の額がいくらになるかは、その契約者や領収書に記載され ...

旅館

福利厚生制度を利用して節税

2016/12/01   -節税対策
 ,

社員旅行や祝い金などの福利厚生に関する節税は、お金は出ていきますが従業員のモチベーションを上げる効果が期待できます。 節税プラスアルファの効果がありますので、期末に必要のないものを慌てて買うぐらいなら ...

決算月

決算月を変更して節税

2016/11/24   -節税対策
 ,

突発的に多額の利益が発生することがありますが、決算月を変更することにより、その利益に対する納税を先に延ばすことができます。

貸倒損失

回収できない債権の貸倒損失を計上して節税

2016/11/23   -節税対策
 ,

売掛金などの債権の中に、回収できないものや取引停止している取引先に対するものはありませんか?もしあれば、貸倒損失を計上することで節税できます。

事前確定届出給与

事前確定届出給与を支給して節税

2016/11/17   -節税対策
 

法人税では、役員に対する賞与は原則としてその事業年度の経費として認められていません。ただし、事前に「誰に・いつ・いくらを支給」することを記載した届出書を提出した場合には、役員に対する賞与でもその事業年度の経費として認められます。

付随費用

購入金額から経費にできる付随費用を分けて節税

2016/11/16   -節税対策
 ,

物を購入した場合、その購入金額には付随費用が含まれていることがあります。

多くの場合、その付随費用は本体と一緒に減価償却費などの計算基礎となる取得価額に含まれて、減価償却を経て時間をかけて費用になりますが、一定の付随費用は取得価額に含めずに買ったときに即経費として計上できるものがあります。この購入時に即経費にできる付随費用をみきわめて、積極的に経費計上して節税を図りましょう。

経営セーフティ共済

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)を使って節税

経営セーフティ共済は掛金全額が税務上の費用になるとともに、取引先の倒産があった場合には掛金総額の10倍までの貸付けを受けることができます。節税以外のメリットもありますので検討してみましょう。

死亡退職金の一部を弔慰金として支給して節税

2016/10/27   -節税対策
 

役員や従業員が死亡した際に支払う死亡退職金のうち、一部を弔慰金とすることにより、相続人となる遺族が納税する相続税を節税することができます。 会社としては、死亡退職金にしても弔慰金にしても全額が経費とな ...

決算賞与を支給して節税

2016/10/26   -節税対策
 

決算を迎えて思っていた以上に利益が出てしまっても、期末までに従業員に決算賞与を支給することを通知すれば、期末時点で未払でもその期の費用にすることができます。

含み損のある有価証券を売却して節税

2016/10/19   -節税対策
 

期末時点で含み損のある有価証券を持っている場合には、その有価証券を売却して損失を計上しましょう。取引先の株式のように持っていないといけない有価証券は別として、持っていることに重要性のない有価証券なら売却してしまえば、節税はもちろん、貸借対照表の資産の部もスリムになり自己資本比率も改善されます。

分掌変更による役員退職金を使って節税

2016/10/15   -節税対策
 

役員に対する退職金の支払いは、金額も多額になること、退職所得は他の所得よりも優遇規定があることから節税効果が高い手段といえます。しかし、役員の退職には、辞任することにより登記簿上も役員でなくなる通常の退職と、代表取締役からヒラの取締役に代わる場合などの役職の変更による退職があります。

棚卸資産の評価損を計上して節税

2016/10/06   -節税対策
 ,

原則として資産の評価損は認められていませんが、期末在庫については一定の場合には評価損を計上することができます。決算で思わぬ多額の利益が生じているときは、棚卸資産の評価損を計上できるか検討してみましょう。

短期前払費用を使って節税

決算間際の節税対策としてよく使われる短期前払費用。一年分の費用を一気に計上できるので節税効果は高いですが、その効果は限定的なところもあります。

Copyright© やまばた税理士事務所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.