税理士変更をご検討の方

hand-819279_1920

やまばた税理士事務所では、税理士変更をご検討の方の相談も承っております。

ご契約をご検討いただくための相談は無料ですので、お問い合わせをお待ちしております。

 

今の顧問税理士にこのようなご不満はございませんか?

  • 試算表を渡されるだけで何の説明もない
  • 顧問料に見合った仕事してもらえない
  • 納税額が申告期限の間際でないと教えてもらえない
  • クラウド会計ソフトに対応していない
  • 税理士がなかなか顔を見せない
  • いつも上から目線でなぜか怒られる
  • レスポンスが遅い
  • よく計算を間違う

 

 

やまばた税理士事務所ではこんな対応をします

  • 試算表だけでなく、お客様と打ち合わせのうえ見たい資料・欲しい情報を提供します
  • 記帳代行の場合は作業量に応じた料金体系です
  • 自計化の場合は基本料の顧問報酬のみです
    料金表はこちら → 業務内容・料金
  • 毎月、予想数値による納税額をお伝えしますので、納期限直前にいきなりお知らせすることはありません
  • デスクトップ型の会計ソフトだけでなくクラウド型の会計ソフトにも対応しています
  • 税理士の山端が直接対応しますので、毎回顔を出します
  • お客様とは上からでも下からでもない同じ目的を持ったパートーナーしてお付き合いします
  • 抱えきれないほどの業務を受託する方針の事務所ではありませんので、ご契約のお客様には迅速な対応が可能です

 

 

税理士変更はどのタイミングがいいの?

税理変更のタイミング

税理士変更のタイミングは、事業年度末の決算期間際での変更は避けたいところです。

できれば申告が終わった後のタイミングの方が、後任の税理士も次の決算を迎えるまでの時間がありますし受け入れ体制を整えやすいです。

遅くても半期までには変更されることをオススメします。

なお、「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」や「中小企業の会計に関する基本要領の適用に関するチェックリスト」は、申告書を作成した税理士でないと作成できませんで、解約後に融資を受ける予定の方は、解約後でも作成してもらうことを約束してもらうか、解約前にもらっておきましょう。

 

税理士を探すタイミング

後任の税理士を探すタイミングですが、現在の顧問税理士に解約を申し出るまでに見つけておきましょう。

解約後に探してしまうと、万が一見つからなかったときに、銀行から試算表を出してくださいと言われて困るケースや、そのままズルズルと決算期まで見つからず申告期限に間に合わないと慌てるケースも想定されます。

 

依頼するときは相性重視で

また、新しい税理士を探すときは、複数の税理士に会って相性の合う税理士を見つけましょう。

税理士の人柄やサービスは千差万別ですので、相見積もりを取ることを目的とせず、中身重視で選びましょう。

 

 

税理士変更に際にご準備いただく資料

税理士変更の際は、変更前の税理士から預けている資料を返してもらいましょう。

当事務所では次のような資料のご準備をお願いしています。

税理士変更の際に必要な資料
  • 直前3期分の申告書・決算書
  • 直前3期分の総勘定元帳
  • 扶養控除等申告書
  • 定款のコピー(法人の方のみ)
  • 最新の登記簿謄本(全部事項証明書)のコピー(法人の方のみ)
  • 進行年度の会計データ又は総勘定元帳
    …弥生会計以外の場合はCSVデータ
  • 進行年度の通帳コピー
  • 進行年度の領収書・レシート・請求書
  • 株主総会や取締役会の議事録(法人の方のみ)

 

 

 

投稿日:2016年10月24日 更新日:

Copyright© やまばた税理士事務所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.