税務つーしん

死亡後に支給される給与の税金はどうなるの?

投稿日:2017年8月22日 更新日:

死亡後に給与の支給を受ける場合、その支給される給与には所得税が課税されるのでしょうか?

実は、死亡後に支給を受ける給与の税金については、給与の支給日と死亡日の関係によって取扱いが変わります。

 

1.死亡前に支給日が到来する場合

8/25に支給される給与は、亡くなった人の給与として所得税が課税されます。

したがって、亡くなった人の給与所得の源泉徴収票には8/25の給与が含まれます。

 

2.死亡後に支給日が到来する場合

死亡後に給与の支給日が到来しているので、亡くなった人の給与所得にはなりません

したがって、亡くなった人の給与所得の源泉徴収票には、8/25の給与は含まれないことになります。

8/25に支給される給与は相続財産として相続人に相続税が課税されます。

しかし、退職手当金等ではないため、退職手当金等の非課税の規定(500万円×法定相続人の数)の適用はありません。

 

3.支給日は死亡日前に到来しているが、実際に支給を受けたのが死亡日後の場合

この場合は、給与の支給日には給与の支給がされず、亡くなった人からすると未収になっていて、死亡後にその未収の給与の支給を受けている状態です。

給与の収入計上時期は契約による支給日です。

実際に支払われたのが死亡日後の9/3であっても、契約による支給日である8/25に権利が確定しているので、亡くなった人の給与所得として所得税が課税されます。

したがって、亡くなった人の給与所得の源泉徴収票には8/25の給与が含まれます。

なお、この相続開始時点で未収となっている給与は債権ですので、相続財産になります。

 

まとめ

契約による給与の支給日が、死亡日の前と後では課税される税金が変わります。

契約による支給日が死亡日の前なら給与所得として所得税が課税され、契約による支給日が死亡日の後なら相続財産として相続人に対して相続税が課税されます。

 

当事務所のオフィシャルブログです

代表の山端一弥が税務にかかわらずお役立ち情報からプライベートなことまで色々書いています。

feedlyでのご購読はこちらから

follow us in feedly

こちらの記事も読まれています

1
あなたの「?」を「!」に変えるパーソナルトレーナー税理士です!

やまばた税理士ってどんな税理士? 税理士の私がマンツーマンでお客様に対応するパーソナルトレーナーのような税理士が私のスタイルです。 お客様に関するサポートはすべて代表税理士である私が受け止め、他人任せ ...

2
創業時は借入れのチャンスです

創業時に融資を受けるならどこで借りますか? 大手都市銀行はもちろんのこと、地方銀行、信用金庫にいきなり行っても何の実績もない事業者にはなかなか融資をしてくれません。 そこでオススメしたいのは日本政策金 ...

3
税理士変更をご検討の方

やまばた税理士事務所では、税理士変更をご検討の方の相談も承っております。 ご契約をご検討いただくための相談は無料ですので、お問い合わせをお待ちしております。   今の顧問税理士にこのようなご ...

4
創業・起業・開業の方

やまばた税理士事務所では、新たに事業を始められた方のサポートをしております。 当事務所は次のようなサポートさせていただいております。 会社設立のお手伝い 創業融資のあっせん・経営計画作成 税務署・市役 ...

-税務つーしん
-,

Copyright© やまばた税理士事務所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.