節税対策

棚卸資産の評価損を計上して節税

投稿日:

wine-1238669_1920

原則として資産の評価損は認められていませんが、期末在庫については一定の場合には評価損を計上することができます。

決算で思わぬ多額の利益が生じているときは、棚卸資産の評価損を計上できるか検討してみましょう。

 

棚卸資産の評価損の計上が認められる場合

棚卸資産の評価損を計上するためには、次の要件のいずれかを満たす必要があります。

  • 災害により著しく損傷したこと
  • 季節商品の売れ残りで、通常の販売価額で販売できない
  • 新製品の販売により、通常の販売価額で販売できな
  • 破損、型崩れ、たなざらし、品質変化等により通常の方法で販売できない

税務調査対策として、通常の販売価額で販売できないことを過去の実績などで証明できるようにしておきましょう。

また、災害による著しい損傷も写真や映像で残しておいて根拠を示せれるようにしておきましょう。

 

棚卸資産の評価損の計上が認められない場合

次の場合には、棚卸資産の評価損の計上は認められません。

  • 物価変動
  • 過剰生産
  • 建値の変更(建値とは生産業者が卸売業者に示す販売価格をいいます)

 

まとめ

アパレル業などでは製品の値崩れが激しく、季節商品の売れ残りなどで返品を受けたものは、再販売しても二束三文にしかならないことも珍しくありません。

期末の棚卸をおろそかにせず、損傷しているもの、陳腐化しているもの洗い出して評価損を計上しましょう。

また、評価損の計上は税務調査でも確認されるところですので、証拠資料も残しておきましょう。

 

当事務所のオフィシャルブログです

代表の山端一弥が税務にかかわらずお役立ち情報からプライベートなことまで色々書いています。
誰がために端楽?税理士のブログ | 阿倍野のひとり税理士が端(はた)を楽(らく)にする情報を発信

feedlyでのご購読はこちらから

follow us in feedly

こちらの記事も読まれています

1
あなたの「?」を「!」に変えるパーソナルトレーナー税理士です!

やまばた税理士ってどんな税理士? 税理士の私がマンツーマンでお客様に対応するパーソナルトレーナーのような税理士が私のスタイルです。 お客様に関するサポートはすべて代表税理士である私が受け止め、他人任せ ...

2
創業時は借入れのチャンスです

創業時に融資を受けるならどこで借りますか? 大手都市銀行はもちろんのこと、地方銀行、信用金庫にいきなり行っても何の実績もない事業者にはなかなか融資をしてくれません。 そこでオススメしたいのは日本政策金 ...

3
税理士変更をご検討の方

やまばた税理士事務所では、税理士変更をご検討の方の相談も承っております。 ご契約をご検討いただくための相談は無料ですので、お問い合わせをお待ちしております。   今の顧問税理士にこのようなご ...

4
創業・起業・開業の方

やまばた税理士事務所では、新たに事業を始められた方のサポートをしております。 当事務所は次のようなサポートさせていただいております。 会社設立のお手伝い 創業融資のあっせん・経営計画作成 税務署・市役 ...

-節税対策
-,

Copyright© やまばた税理士事務所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.